リアそらま~ぼ~メインRIMG4660 **子供とワン達の日々 ** 膝蓋骨脱臼

05月≪ 2017年06月 ≫07月

123456789101112131415161718192021222324252627282930

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
--:--  |  スポンサー広告  |  EDIT  |  Top↑

2009.12.15 (Tue)

膝蓋骨脱臼

2008年11月15日、リアは両後脚の膝蓋骨脱臼の手術を行いました。

この手術をするまでには、手術を受ける事がリアにとって本当に良い事なのか

温存療法で乗り切ることは出来ないのか…大変悩みました。

その中の情報手段として、かなりネットのお世話になり

色んな方の経験談のブログ等を拝見して、心持が出来 本当に救われました。


写真がリアルではありますが、結果云々は別として

もし同じ悩みを抱えている方がもしこのブログにヒットされ

少しでも参考になれば、そしてリアの辛かった思いを忘れないように

手術の様子を書く事にしました。



手術直前のリア 何かを察知しているかのようでした‥
DSCF2462_20091215180528.jpg


午前中に検査で預け、手術の合意書に判を押し 午後から手術

術後当日は会えないとの事で、ここで暫しの別れ




結果は、電話で‥

手術は無事成功し、麻酔から醒めてリアはぐっすり寝てるとの事‥

リア、小さい体で良く頑張ったねっうるうる

その時の事は、1年以上経った今でも昨日の事の如く、はっきり残っています。。


翌日、病院に行くと 私達の声がリアに聞こえたらしく、もの凄いきゅ~~ん②という声で

ないているのが、診察室の中からも聞こえてきました。。


診察室に入ると、大興奮のリア

皆で 涙、涙の再会でした涙


先生から下記の通り、手術の説明を受けました。
一緒にマイクロチップを入れて貰うのと、乳歯も抜いてもらいました。
文

11_20091213150327.jpg

1.jpg  2.jpg

3_20091213150327.jpg   4_20091213150327.jpg


手術の翌日のリア
リア脚


やつれているようにも見えたけど、入院生活の記録を見せて頂くと

先生達にもなついて可愛がって頂いてたようで、少し安心しました。


そして、6日間の入院生活後、ようやく我が家へ‥

二週間効果の持続する抗生剤の注射を打ってもらい、内服の必要はありませんでした。

薬嫌いのリアには有難かったです。

絶対安静の、1畳ほどの広さの場所での生活をさせて下さいとの事

これまた歩くの大好きワンコにはキツイ生活でした

カラーも相当嫌がって、かなりのストレスになっていたようでした

抜糸と包帯外しはほぼ、1ヶ月を要しました。



そんな辛い思いをして、ほぼ半年は調子が良かったのですが‥

現在、また再発しています。

ずーっとお散歩等で歩いてる時は外れないで大丈夫なのですが

家での座っての生活では、殆ど外れています。

外れている時は痛みはないようですが、膝を入れてあげる時が痛いようで

けど、入れてあげないと歩けないので 致し方ないのですが


リアはそんな感じですが、膝の状態、手術の方法によっては再発せず、元気に生活してる子も

沢山いると思いますので、色んな例があるかと思います^^



リアは特に酷い状態で、膝のお皿がツルツルで溝が殆どなかった状態だったらしので

その溝を手術で作ってもらったのですが

けど先生には、この病気とは一生付き合っていかなければならないと言われていて

どうしてあげることがリアにとって一番良いのか、今模索しています。


何か変化があったらまたブログに綴りたいと思います

関連記事
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
19:49  |  リアそら病院  |  EDIT  |  Top↑
 | HOME | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。